第75回エミー賞2023のテレビ放送は?無料動画のスマホ視聴や日本での生中継も
※当ページのリンクには広告が含まれています。

第75回エミー賞2023のテレビ放送は?無料動画のスマホ視聴や日本での生中継も

 

「第75回エミー賞」が、ついに日本時間2024年1月16日(水)に開催されます。

本来は2023年9月の予定でしたが、ストライキの影響で延期となり、ファンの間ではその開催を心待ちにしていた方も多いでしょう。

この賞は、アメリカのテレビ業界で活躍する番組や人々に贈られる、海外ドラマファンにとって見逃せないアワードですよね。

日本からリアルタイムで視聴したいけど、どこで見れるのか気になりますね。

先に結論からお伝えすると、動画配信サービスのU-NEXTを利用すれば、エミー賞のライブ中継を無料で楽しめますよ。

初回31日間の無料トライアルが提供されているので、この機会にぜひ利用してみてください。

 

 

\エミー賞を視聴する/

U-NEXT公式サイトはこちら

 

 

そこで今回今回の記事では、「エミー賞2023のテレビ放送は?無料動画のスマホ視聴や日本での生中継も」と題してお届けしていきます。

 

第75回エミー賞2023のテレビ放送は?無料動画のスマホ視聴や日本での生中継も

「第75回エミー賞」はどこで視聴できるのでしょうか?調べた結果を下記の表にまとめました。

 動画配信サービス  配信状況 月額料金 / 無料期間
 U-NEXT ◎ ※独占生配信  2,189円 / 31日間
 Hulu ×  1,026円 / なし
 FODプレミアム ×  976円 / なし
 Lemino ×  990円 / 31日間
 ABEMA ×  960円 / 2週間
 Amazonプライムビデオ ×  600円 / 30日間
 TSUTAYA DISCAS ×  2,052円/ 30日間

※税込み価格  

 

「第75回エミー賞」のライブ配信は、動画配信サービスU-NEXTで独占配信されます。

残念ながら、BSやCSでのテレビ放送はありませんが、U-NEXTなら日本でもリアルタイムで視聴可能です。

配信スケジュールは以下の通りです。

・2024年1月16日(水)
・レッドカーペット:AM9時00分~
・授賞式:AM10時00分~
・見逃し配信:あり

 

見逃し配信もありますので、平日でリアルタイム視聴が難しい方も安心ですよね。

また、U-NEXTの初回31日間無料トライアルを活用すれば、エミー賞を無料で楽しむことができますよ。

見放題作品として配信されるので、まだU-NEXTに加入していない方も、この機会に無料トライアルでエミー賞の興奮を体験してみてくださいね♪

 

\エミー賞を視聴する/

U-NEXT公式サイトはこちら

 

 

U-NEXTのおすすめポイント

引用:U-NEXT

 

U-NEXTがオススメな理由は以下の通りです。

  • 見放題とレンタルあわせて33万本以上の作品が配信されている。(見放題29万本)
  • 業界最長の31日間のお試し期間がある
  • 動画以外にも雑誌や漫画の読み放題がある
  • ダウンロードできるので、通信量を気にしないで視聴できる
  • 1契約で4アカウント取れるので家族とシェアできる
  • 毎月1200円分のポイントがもらる(トライアル期間は600円分)
  • 登録・解約が簡単

 

読み放題の雑誌(ビジネス誌、ファッション誌など)70種類以上もあるので、毎月雑誌を購入している方はU-NEXTに登録すれば雑誌代を節約できますよ。

そして、U-NEXT初回登録時に600ポイント、そして有料会員になれば1200ポイントもらえるんですよ。(1ポイント=1円)

このポイントで、「新作などのレンタル作品」「音楽や舞台などライブ配信」「電子書籍」の購入や「映画館クーポンの発行」にも使えます。

 

引用:U-NEXT

 

U-NEXTは「PlayStation4」や「U-NEXT TV」そして、「Fire TV」や「Chromecast」があればテレビなど、さまざまなデバイスにも対応していますよ。

 

ダウンロード機能もあるので、wifiで接続してあらかじめダウンロードしておけばネット環境がないところでも楽しめますよ。(ライブ配信はダウンロードできません)

 

 

\31日間無料トライアル/

U-NEXT公式サイトはこちら

 

 

U-NEXTをテレビでみる方法は?

U-NEXTは、スマホやテレビなどさまざまなデバイスに対応しています。

視聴可能なデバイスは以下の通りです。

・スマートフォン / タブレット
・パソコン(Google Chrome / FireFox / Microsoft Edge / Safari)
・テレビ(Google Chromecast / Amazon FireTV / FireTV Stick / apple TV )

 

別売りになりますが、Google ChromecastFireTV Stick があれば簡単にテレビで視聴できるようになりますよ。

ライブだけでなく、映画がドラマなどテレビの大画面で楽しめます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Chromecast with Google TV
価格:7599円(税別、送料別)(2023/10/13時点)

 

 

 

第75回エミー賞のノミネート一覧

第75回エミー賞の主要ノミネートをご紹介します。

ドラマの部

作品賞

  • 「キャシアン・アンドー」
  • 「ベター・コール・ソウル」
  • 「ザ・クラウン」
  • 「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」
  • 「メディア王 〜華麗なる一族〜」
  • 「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」
  • 「イエロージャケッツ」

主演女優賞

  • シャロン・ホーガン(「バッド・シスターズ」)
  • メラニー・リンスキー(「イエロージャケッツ」)
  • エリザベス・モス(「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」)
  • ベラ・ラムジー(「THE LAST OF US」)
  • ケリー・ラッセル(「ザ・ディプロマット」)
  • サラ・スヌーク(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)

主演男優賞

  • ジェフ・ブリッジス(「ザ・オールドマン~元CIAの葛藤」)
  • ブライアン・コックス(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • キーラン・カルキン(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • ボブ・オデンカーク(「ベター・コール・ソウル」)
  • ペドロ・パスカル(「THE LAST OF US」)
  • ジェレミー・ストロング(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)

助演女優賞

  • ジェニファー・クーリッジ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • メーガン・フェイヒー(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • サブリナ・インパッチャトーレ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • オーブリー・プラザ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • シモーナ・タバスコ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • レイ・シーホーン(「ベター・コール・ソウル」)
  • J・スミス=キャメロン(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • エリザベス・デビッキ(「ザ・クラウン」)

助演男優賞

  • F・マーリー・エイブラハム(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • マイケル・インペリオリ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • テオ・ジェームズ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • ウィル・シャープ(「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル」)
  • マシュー・マクファディン(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • アラン・ラック(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • ニコラス・ブラウン(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • アレクサンダー・スカルスガルド(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)

ゲスト女優賞

  • ヒアム・アッバス(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • チェリー・ジョーンズ(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • ハリエット・ウォルター(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • メラニー・リンスキー(「THE LAST OF US」)
  • ストーム・リード(「THE LAST OF US」)
  • アナ・トーヴ(「THE LAST OF US」)

ゲスト男優賞

  • ジェームズ・クロムウェル(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • アリアン・モーイエド(「メディア王 〜華麗なる一族〜」)
  • マレー・バートレット(「THE LAST OF US」)
  • ラマー・ジョンソン(「THE LAST OF US」)
  • ニック・オファーマン(「THE LAST OF US」)
  • キーボン・ウッダード(「THE LAST OF US」)

 

 

コメディの部

作品賞

  • 「アボット エレメンタリー」
  • 「バリー」
  • 「一流シェフのファミリーレストラン」
  • 「Jury Duty(原題)」
  • 「マーベラス・ミセス・メイゼル」
  • 「マーダーズ・イン・ビルディング」
  • 「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」
  • 「ウェンズデー」

主演女優賞

  • クリスティナ・アップルゲイト(「デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜」)
  • レイチェル・ブロスナハン(「マーベラス・ミセス・メイゼル」)
  • キンタ・ブランソン(「アボット エレメンタリー」
  • ナターシャ・リオン(「Poker Face(原題)」)
  • ジェナ・オルテガ(「ウェンズデー」)

主演男優賞

  • ビル・ヘイダー(「バリー」)
  • ジェイソン・シーゲル(「シュリンキング:悩めるセラピスト」)
  • マーティン・ショート(「マーダーズ・イン・ビルディング」)
  • ジェイソン・サダイキス(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ジェレミー・アレン・ホワイト(「一流シェフのファミリーレストラン」)

助演女優賞

  • アレックス・ボースタイン(「マーベラス・ミセス・メイゼル」)
  • アイオウ・エディバリー(「一流シェフのファミリーレストラン」)
  • ジャネル・ジェームズ(「アボット エレメンタリー」)
  • シェリル・リー・ラルフ(「アボット エレメンタリー」)
  • ジュノー・テンプル(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ハンナ・ワディンガム(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ジェシカ・ウィリアムズ(「シュリンキング:悩めるセラピスト」)

助演男優賞

  • アンソニー・キャリガン(「バリー」)
  • フィル・ダンスター(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ブレット・ゴールドスタイン(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ジェームズ・マースデン(「Jury Duty(原題)」)
  • エボン・モス=バクラック(「一流シェフのファミリーレストラン」)
  • タイラー・ジェームズ・ウィリアムズ(「アボット エレメンタリー」)
  • ヘンリー・ウィンクラー(「バリー」)

ゲスト女優賞

  • ベッキー・アン・ベイカー(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • キンタ・ブランソン(「サタデー・ナイト・ライブ」)
  • タラジ・P・ヘンソン(「アボット エレメンタリー」)
  • ジュディス・ライト(「Poker Face(原題)」)
  • サラ・ナイルズ(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)
  • ハリエット・ウォルター(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)

ゲスト男優賞

  • ジョン・バーンサル(「一流シェフのファミリーレストラン」)
  • オリヴァー・プラット(「一流シェフのファミリーレストラン」)
  • ルーク・カービー(「マーベラス・ミセス・メイゼル」)
  • ネイサン・レイン(「マーダーズ・イン・ビルディング」)
  • ペドロ・パスカル(「サタデー・ナイト・ライブ」)
  • サム・リチャードソン(「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」)

 

 

リミテッドシリーズの部

作品賞

  • 「BEEF/ビーフ」
  • 「ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語」
  • 「デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃」
  • 「バツイチ男の大ピンチ!」
  • 「オビ=ワン・ケノービ」

主演女優賞

  • リジー・キャプラン(「バツイチ男の大ピンチ!」)
  • ジェシカ・チャステイン(「George & Tammy(原題)」)
  • ドミニク・フィッシュバック(「キラー・ビー」)
  • キャスリン・ハーン(「ちょっとステキな物語」)
  • ライリー・キーオ(「デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃」)
  • アリ・ウォン(「BEEF/ビーフ」)

主演男優賞

  • タロン・エジャトン(「ブラック・バード」)
  • クメイル・ナンジアニ(「チッペンデールへようこそ!」)
  • エヴァン・ピーターズ(「ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語」)
  • ダニエル・ラドクリフ(「Weird: The Al Yankovic Story(原題)」)
  • マイケル・シャノン(「George & Tammy(原題)」)
  • スティーヴン・ユァン(「BEEF/ビーフ」)

助演女優賞

  • アナリー・アシュフォード(「チッペンデールへようこそ!」)
  • マリア・ベロ(「BEEF/ビーフ」)
  • クレア・デーンズ(「バツイチ男の大ピンチ!」)
  • ジュリエット・ルイス(「チッペンデールへようこそ!」)
  • カミラ・モローネ(「デイジー・ジョーンズ・アンド・ザ・シックスがマジで最高だった頃」)
  • ニーシー・ナッシュ(「ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語」)
  • メリット・ウェヴァー(「ちょっとステキな物語」)

助演男優賞

  • マーレイ・バートレット(「チッペンデールへようこそ!」)
  • ポール・ウォルター・ハウザー(「ブラック・バード」)
  • リチャード・ジェンキンス(「ダーマー モンスター:ジェフリー・ダーマーの物語」)
  • ジョセフ・リー(「BEEF/ビーフ」)
  • レイ・リオッタ(「ブラック・バード」)
  • ヤング・マジノ(「BEEF/ビーフ」)
  • ジェシー・プレモンス(「ラブ&デス」)

 

 

<関連記事>

グラミー賞2024日本放送時間!無料ネット中継・見逃し動画配信の視聴方法

 

 

まとめ

2024年1月16日に開催される「第75回エミー賞2023」の視聴方法をまとめました。

このイベントは、BSやCSでは放送されず、U-NEXTで独占的にライブ配信されます。

レッドカーペットは午前9時から、授賞式は午前10時から始まります。

もしリアルタイムでの視聴が難しい場合でも、見逃し配信があるのでご安心を。

さらに、U-NEXTでは初回31日間無料トライアルを提供しており、この機会にエミー賞を無料で楽しむことが可能です。

アメリカのテレビ業界で活躍する番組や人々に贈られるこの重要なイベントを、ぜひU-NEXTでチェックしてみてください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました