「マスカレードホテル」地上波テレビや再放送は?無料見逃し配信フル動画の視聴方法!

9月18日の土曜プレミアムで木村拓哉さん主演映画「マスカレード・ホテル」が放送されます。

最新作公開記念で気にはなっていたけれどリアルタイムでは見逃してしまったという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言いますと、動画配信サービスのdTVで配信されています。

初回登録31日間お試しで無料視聴でき、お試し期間内に解約すれば一切料金発生しないのでデメリットありませんよ。

 

 

\まずはお試し無料トライアル!/

本ページの情報は2021年9月 時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

 

そこで今回この記事では、「マスカレードホテル」地上波テレビや再放送は?無料見逃し配信フル動画の視聴方法! と題してお届けしていきます。

 

 

「マスカレードホテル」地上波テレビや再放送は?無料見逃し配信フル動画の視聴方法!【土曜プレミアム 9月18日放送】

「マスカレード・ホテル」の配信状況は?

「マスカレード・ホテル」を視聴できる配信サイトは以下の通りです。配信内容は2021年9月時点の情報で、詳細は公式サイトでご確認下さい。

 動画配信サービス  配信状況 月額料金 / 無料期間
 U-NEXT ◎(見放題作品)  2,189円 / 31日間
 Hulu  1,026円 / 2週間
 FODプレミアム ◎(見放題作品)  976円 / 2週間
 Paravi  1,071円 / 2週間
 dTV (見放題作品)  550円 / 31日間
 amazonプライムビデオ ◎(見放題作品)  500円 / 30日間
 TSUTAYA TV / DISCAS ◎(ポイント使用orDVDレンタルで無料視聴可)  2,658円/ 30日間

※税込み価格  ◎見放題作品、ポイント使用で無料視聴可 △レンタル作品(課金)×配信なし

 

映画「マスカレード・ホテル」の再放送は未定です。

よくある動画配信サービスで調べたところU-NEXTFODプレミアムdTVamazonプライムビデオで見放題作品で配信していて、その中でもおすすめはdTVです。

なぜなら、初回登録31日間お試しで無料視聴できるし、月額料金が税込み550円とコストパフォマンスが非常に良いですね。

オリジナルドラマや人気作品のラインナップが充実していて動画配信初心者にオススメです。

そして木村拓哉さん主演の「HERO」「検索側の罪人」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」も配信されていますよ。

 

 

\まずはお試し無料トライアル!/

 

dTVのおすすめポイント

画像引用:dTV 

 

「dTV」のオススメポイントはこちら!

  • 月額550円(税込)でコストパフォーマンスがよい
  • 人気作品のラインナップで、動画配信初心者にオススメ
  • オリジナルドラマや人気アーティストのLIVEなど盛りだくさん
  • ダウンロードできるので通信費の節約になる

 

「dTV」はドコモが提供している動画配信サービスで低価格と人気作品の総合ラインナップが売りです!

映画/国内ドラマ/海外ドラマ/韓流ドラマ/アニメ/音楽ライブ/バラエティなど多彩なジャンルとdTVでしか見られないプレミアムコンテンツを配信!

 

NTTドコモの提供しているサービスのため、dポイントの使えるなど、ドコモユーザーにはメリットのある動画配信サービスだと思います。(ドコモユーザーでなくても登録できますよ)

実質の運営はエイベックスのため、ミュージックビデオなど音楽コンテンツが充実しています。

 

 

\まずはお試し無料トライアル!/

 

 

 dTVで配信しているその他の作品は?

dTVで配信されている作品は

  • 武士の一分
  • コンフィデンスマンJP 運勢編/ロマンス編
  • 潔く柔く きよくやわく
  • 予告犯
  • 仮面病棟
  • MIU404
  • 大豆田とわ子と三人の元夫
  • 新参者
  • 都市伝説の女

 

\まずはお試し無料トライアル!/

 

「マスカレード・ホテル」はどんな作品?

潜入捜査官とホテルマン、正反対のコンビが連続殺人事件に挑むミステリー。小日向文世、梶原善、石橋凌、渡部篤郎ら日本映画界に欠かすことのできない豪華キャストが共演。

放送日

  • 放送局:フジテレビ系列
  • 放送日:2021年9月18日(土)
  • 放送時間:21:00~23:40

 

見どころ

東野圭吾原作、誰が宿泊客で誰が犯人なのか!?究極のだましあいから目が離せなくなる。さまざまな職業を演じてきた木村拓哉が初の刑事役に挑み、長澤まさみと初共演。

※U-NEXTの作品ページより

ストーリー

都内で起こった3件の殺人事件。全ての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課の新田浩介はホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突き止め、警察は潜入捜査を決断するが…。

※U-NEXTの作品ページより

出演

木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世/梶原善/泉澤祐希/東根作寿英/石川恋/濱田岳/前田敦子/笹野高史/髙嶋政宏/菜々緒/生瀬勝久/宇梶剛士/橋本マナミ/田口浩正/勝地涼/松たか子/鶴見辰吾/篠井英介/石橋凌/渡部篤郎

 

 

\まずはお試し無料トライアル!/

 

 

「マスカレード・ホテル」の感想は?

「マスカレード・ホテル」の感想を集めてきました~

 

面白かったです。
ちょいちょい「そんなことはないだろ」みたいなことはありつつも(それ言ったら警察が潜入捜査であんながっつりホテルマンやらんと思うけど、やるのか?)怪しい人がぽんぽん出てきて楽しい。しかも最初怪しいと思ってた人が怪しくなかった〜と思ったら犯人っていうね。
SAWだったら小日向文世が犯人だったと思うのでSAWじゃなくてよかった(?)
邦画そんなに観ないけど、また松たか子!困ったら松たか子にここぞの役やらせたらいいと思っとらんか?!(『来る』のことを思い出しながら喋ってる)しかも完全に逆恨みっていうか…雨の中一晩中外にいたのは松たか子の勝手だし、傘買いに行ってカイロ買いに行けばよかったのでは…その場を離れる一瞬も惜しかったとしてもさ…それで殺されそうになるなんてかわいそうだった。
というか後から思えば伏線めちゃくちゃあったね。そういうのほんと全然気付けない。
あとあのクレーマーの、元教育実習の人にめーっちゃいらついて最後まで見れないところだった。接客業経験者のみなさんはストレスで胃が爆発しませんでしたか?大丈夫でしたか?
私がキムタクだったら灰皿でぶん殴って不完全犯罪になるところだったからよかった…キムタクは偉かった。
そう、キムタクね。今回もまあまあオラついてて、オラついてない役やったことあるんかな。
オラついてないキムタク見てみたい。今回かなりオラつき度低めだったかもしれないけど。今更もうイメージ覆せないか。
スーツ似合ってたし、かっこよかったです。さすが。
でも今回は完全に渡部篤郎があまりにも良すぎた。どタイプすぎて倒れた。かっこいい…そうだった私こういう人が好きだったな…って久しぶりに思い出した。めちゃくちゃ、めちゃくちゃかっこよくなかったですか?めちゃくちゃかっこよかった。
さんまさんは見つけれなかったし、後からネタバレ見たけどこんなん見つけれんわってところだったしもう見返すのも面倒で見てないけど…
そんな感じです。
来週ぐらいに続編見に行くつもり。楽しみだなあ。

引用:filmarksより

松たか子がすげぇ!!!
が1番の印象。松たか子の目が忘れられない。
夢に出てきそう。

キムタクと長澤まさみが絶妙。
長澤まさみ(山岸)と一緒にキムタク(新田)にイライラしてたし、徐々に認めるというか、仲間意識が芽生えると言うか、気づかない間にすごく山岸目線で観てた。山岸と一緒に感情が動いてた。

そして山岸に感情移入しながらも
階段マッハで登るシーンで長澤まさみの御御足に釘付けになった。
あんな美しい足見たことない。
長くてしなやかで輝いていた。

ミステリー系にあまり興味がなかったけど
友だちに勧められてみたけど観てよかった〜!!
おすすめ聞いてよかった〜!!
本も買って読もうかと思うぐらい良かった。
きっと本だともっとお客様について書いてあるんだろうな〜
読むの楽しみだな〜☺️

引用:filmarksより

 

【”ここは、とても良いホテルです”】

エンディング直前のシーンは、最新作への伏線だったんですね。

ここで描かれるホテルの出来事のあれやこれやは、本当なのだろうかと興味がわく。

大学の同級生が、とある大手ホテル・グループに就職して、確か、その後、転職する時だったと思うんだけど、同じ名前でも、ロケーションによって、あそこは高級、あそこはビジネス、あそこはラブホとランク付けして話してくれたことを思い出す。

ホテルには色々思い出がある。

高熱が出てしまった時に、医者を呼んで手厚くサービスしてくれたロンドンのホテル。翌日の会議には出席することが出来た。

ニューヨークのホテルは総じて高級だけれども、国連本部近くのUNは、多様性を大事にしていることがよく分かる、あたたかいサービスのホテルだった。

観光で泊まったムンバイのホテルは、のちにテロ被害にあって驚いた。この事件は、映画にもなっている。

バックパッカーしてた時に泊まったカギのかからないマルセイユの裏通りの危ない感じのホテル。シャワーからは茶色の水しか出なかった。ベッドでドアをロックして寝た。

国内はというと…、必ず友達に話すのは、だいぶ前に、地方都市に出張で行った時に泊まった本来は観光目的のホテル。
大きなホテルだったが、なんか部屋の気が良くなくて、何か…誰かが見てるというか…、いるというか…、怖いというか落ち着けたもんじゃなくて、乾いた音がするまで柏手を何度も打って、お経も唱えて(僕はお経が暗唱できる)、灯りもテレビもつけっぱなしで寝たのだけれど、あれは、”この部屋、怖いからかえてください”とお願いした方が良かったのかと今でも考えてしまう。

(一応…以下ネタバレ)

だいぶ横道にそれてしまったが、レビュー・タイトルは、犯人がホテルについて話した言葉。

大多数の人に正しくても、こぼれ落ちてしまうことだってあるということを、この映画は、実は言いたいのではないのかと思った。

一番これを言いたかったんじゃないかと思うくらい。

あとは、サスペンス仕立てにするために、やや無理矢理感が残る設定でした。

東野さんの映画化された作品の中では、好きな方でした。

引用:filmarksより

 

 

\まずはお試し無料トライアル!/

 

本ページの情報は2021年9月 時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

 

 

 

まとめ

映画「マスカレード・ホテル」の視聴方法についてお届けしました。

動画配信サービスのdTVなら初回登録31日間でお試し無料で視聴できますよ。

是非この機会に「マスカレード・ホテル」を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

 

コメント