オリンピックブルーインパルスの飛行時間やルートは?みれる場所や穴場スポットも

2021年7月23日(金)いよいよ東京オリンピック開幕式が開催されますね。

開催日程は7月21日(木)のソフトボールを皮切りに8月8日(日)までの19日間で、熱き闘いが繰り広げられます。

各競技も楽しみですが、開幕式に都内上空を飛行する航空自衛隊ブルーインパルスの五輪マークをこの目で見てみたい人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回この記事では、東京オリンピック開会式ブルーインパルスの

  • 飛行時間・飛行ルート
  • 五輪マークがみれる穴場スポット

についてまとめました。

 

スポンサーリンク

【2021】東京オリンピック開会式ブルーインパルスの飛行時間やルートは?五輪マークのみれる場所や穴場スポットも

【2021】東京オリンピック開会式ブルーインパルスの飛行時間やルートは?

飛行時間

東京オリンピックブルーインパルスの飛行時間は以下の通りです。

  • 日付:7月23日(金)
  • 時間:12時40分~55分

 

飛行時間の詳細はまだ発表されていません。(飛行時間が発表されたので内容を変更しました)

ブルーインパルスは、聖火が国立競技場に到達したタイミングにあわせて、オリンピックの五色の輪を描くと報道されました。

7月23日(金)聖火ランナーの日程を確認すると、11時35分~12時35分となっています。

ということで、ブルーインパルスの飛行時間は12時30分~13時と予想しました。

 

◆7月23日(金)聖火ランナーのスケジュール

出発地 出発予定 到着地 到着時間
都庁北側ビル前広場 10:15 富久町西交差点 11:05
かくれんぼ横丁入口 11:15 毘沙門天善國寺 11:21
NTT四谷ビル前 11:35 東京都庁 都民広場 12:34

 

お昼休み中の12時~13時だったら、たくさんの人がブルーインパルスの五輪マークをみれそうですね。

 

ちなみに、昨年5月に医療従事者への感謝を込めて飛行したブルーインパルスは、12時40分ごろから13時に東京都心を飛行してたくさんの人に感動をあたえました。

こんな五輪マークがみれるんですよ!楽しみですね。

 

飛行ルート

7月15日にオリンピック開会式のブルーインパルスの飛行ルート発表されました。

下記がブルーインパルスの飛行ルートです。

 

航空自衛隊は、東京オリンピックの開会式の23日にブルーインパルスが都内で五輪を描く飛行ルートを発表しました。

ルートは東京都庁から始まり、スカイツリーの方向から再び都庁に戻り、国立競技場の上空でオリンピックシンボルの五輪をカラースモークで描きます。

その後、東京タワーまで8の字を描くように飛行します。

引用:テレ朝NEWS

 

 

ブルーインパルスがみれる場所や穴場スポットは?【五輪マーク】

東京オリンピック開会式のブルーインパルスが飛行ルートは、会場の国立競技場の周辺を予定しています。

会場:国立競技場(オリンピックスタジアム)

住所 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町10−1
アクセス JR総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」下車徒歩約5分
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩約1分
東京メトロ銀座線「外苑前」下車徒歩約15分
都営バス 早81「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
都営バス 黒77「目黒駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅前」下車徒歩約5分
ハチ公バス 神宮の杜ルート「渋谷駅」から乗車、「千駄ヶ谷駅(東京体育館)」下車徒歩約1分

 

ブルーインパルスが都内上空に五輪マークを描くと、横幅は6キロメートルくらいになるので、上空をみれる場所なら、かなり広範囲から見ることができます。

また、7月20日~22日の間に一度予行飛行を行う予定なので、その時にブルーインパルスがみれた情報がわかると思います!

 

ブルーインパルスがみれる場所や穴場スポットを調べました。

やっぱりブルーインパルスの飛行がみれる場所は、高い所に登るか高層ビルがない見通しの良いところです。

 

■浅草寺境内

 

天気がよければ浅草寺からこんな素敵な写真が撮れます!

個人的には「浅草寺本堂とスカイツリー」と一緒にブルーインパルスの写真に撮りたいですね。

 

■明治神宮

 

明治神宮もいいですね。寺社仏閣とブルーインパルスの写真は絵になります!

 

 

■代々木公園

 

肉眼ではばっちしみえますが、写真や映像に収まらないくらいデカくなります。7月21日の予行演習では代々木公園の上空あたりで五輪がみえたそうです!

 

 

■隅田川の橋の上や土手

 

隅田川の橋の上や土手なら見晴らしがよくいい写真が撮れると思います!

 

 

■多摩川の橋の上や土手

 

五輪の輪をみるには、ちょっと遠いかな?

 

 

■日本青年館ホテル

 

■新宿高島屋庭園フロア

 

 

■六本木ヒルズ

 

■渋谷スクランブルスクエア

 

 

■東京スカイツリー、東京タワー

 

■渋谷フクラス 屋上

 

 

 

 

まとめ

東京オリンピック開会式ブルーインパルスの飛行時間・ルート・五輪マークのあたりスポットについてまとめました。

聖火が国立競技場に到達したタイミングにあわせてブルーインパルスが飛行するとニュースで報じられていましたので、飛行時間は7月23日(金)12時30分~13時予想しました。

穴場スポットの情報お持ちの方はコメントお待ちしています!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

東京オリンピック(五輪)2020関連記事

東京オリンピック関連記事を下記からご覧にできます。

東京オリンピック(五輪)2020競技別日程

東京オリンピック競技別日程を下記からご覧にできます。

野球 ソフトボール ビーチバレー
バレーボール ボクシング 3×3 バスケ
バスケットボール バトミントン アーチェリー
馬術 フェンシング サッカー
ゴルフ ハンドボール ホッケー
柔道 空手 マラソンスイミング
近代五種 新体操 体操競技
ボート ラグビー セーリング
射撃 スケートボード スポーツクライミング
サーフィン 競泳 卓球
テコンドー テニス トランポリン
トライアスロン 水球 ウエイトリフティング
レスリング 自転車競技 カヌー

 

 

 

コメント

  1. YS より:

    公表された経路と各報道から、会場の西側から進入して五輪を描くと思われますが、五輪の向きがどちらになるか気になりますね。

    松島での聖火到着式の画像を見ると、主催者側から見て正面から向かって来るように飛行し、五輪となるように描いていました。

    個人的には、以下のパターンAではないかと予想してます。

    パターンA
    競技場の東側(バックスタンド)に主催者が着席、西を向いて見た時に五輪の形となるように描く。(主催者から見てブルーは正面から進入し、五輪を描く。松島と同じパターン。)

    パターンB
    競技場の西側(メインスタンド)に主催者が着席、東を向いて見た時に五輪の形となるように描く。(主催者から見てブルーは背後から進入し、松島と前後左右逆のパターンに描く→すると主催者からは五輪の形に見えます。ただし、松島の時とは機体の相対位置関係がガラリと変わるので、編隊を組む手順の修正+訓練が必要となることから、可能性は低いと思います。それなら、東側から進入すれば松島と同じパターンが使えるハズなので。)

  2. hisa より:

    YSさま 
    なるほど!五輪の向きですか
    私は、そんな発想はなかったのでたいへん勉強になりました。
    コメントありがとうございました。