(無料)都市対抗野球大会2022地上波テレビ放送・ネット中継!見逃し配信の視聴方法

2022年7月18日(月)~29日(金)にかけて第93回都市対抗野球大会が東京ドームで熱き戦いが行われます。

全32チームの社会人野球の最高峰を決定する大会で、どのチームが優勝するのでしょうか?

6月17日に組み合わせが決まって、都市対抗野球大会が楽しみで待ち遠しいですね。

 

さて、この大会の気になる視聴方法は、スポーツ有料専門チャンネルの「J-SPORTS」がオススメですよ♪

なぜなら、スカパー!やJ-COMに契約しないと視聴できませんが、アマゾンプライムビデオのJ-SPORTSに登録すると14日間無料体験で視聴できるからです。

見逃し配信もありますので、場所や時間を気にしないで後でゆっくりと視聴することもできますよ。

 

 

\14日間無料トライアル /

 

 

そこで今回この記事では、「都市対抗野球大会2022地上波テレビ放送・ネット中継!見逃し配信の視聴方法」と題してお届けします。

 

 

スポンサーリンク

【無料】都市対抗野球大会2022テレビ・ネット中継!見逃し配信の視聴方法

第93回都市対抗野球大会のテレビ放送やネット中継は?

第93回都市対抗野球大会のテレビ放送やネット中継は以下の通りです。

放送媒体 料金 放送・配信 見逃し配信 備考
Amazon J-SPORTS 2,138円
※初回登録14日間無料体験あり
ライブ配信 他ジャンルの視聴可
スカパー J-SPORTS 2,944円
加入月無料
※ただし加入月の解約不可
生放送 再放送 他ジャンルの視聴可
J SPORTS オンデマンド 1,980円/U割990円
野球パック
2,640円/U割1,320円
総合パック
※どちらとも無料体験なし
ライブ配信 総合パックなら
他ジャンル視聴可
毎日新聞大会特設サイト 無料 ライブ配信

※税込み価格です

 

 

J-SPORTSは少し複雑ですが、スマホやタブレットで気軽に視聴できるAmazonプライムビデオの「J-SPORTS」がおすすめですよ!

なぜなら、「J-SPORTSオンデマンド」は無料体験がないのですが、Amazonプライムビデオの「J-SPORTS」には14日間の無料トライアルがあるからです。

 

 

\14日間無料トライアル /

 

 

これならCS放送が視聴できないご家庭でもスマホやタブレットで「第93回都市対抗野球大会」をリアルタイム&見逃し配信で楽しめます。

2週間の無料体験ができて、気に入らなければ解約しても違約金がなく料金が発生しないので、気軽にAmazonプライムビデオの「J-SPORTS」に登録できるはずです。

「第93回都市対抗野球大会」がどんな大会か少し観てみたい方は、これで視聴されるのがいいんじゃないでしょうか?

 

Amazonをたくさんご利用されている方は、おそらく「Amazonプライム」に登録していると思いますが、登録していない場合は「Amazonプライム」の500円の月額料金も必要です。

こちらは30日間無料体験ができます。

注意しなければいけないのは、30日間を超えるとJ-SPORTSの料金2,178円とAmazonプライムの500円がかかってくるところです。

 

画像引用:Amazon プライムビデオ J-SPORTSより

 

 

\14日間無料トライアル /

 

 

「Amazonプライム」の会員に登録すると「Amazonプライムビデオ」のご利用だけでなくさまざなな特典があります。

例えば

  • 当日お急ぎ便の配送料無料
  • 100万曲の音楽聴き放題
  • 数百冊の本、雑誌が読み放題
  • 写真保存無制限
  • バーゲンタイムセールが先行販売

 

などなど、これはほんの一部で、Amazonプライム会員になるとさまざまなサービスを利用できるようになります。

500円でこれだけのサービスを提供しているので、Amazonをたくさん利用される方は「Amazonプライム」だけ残しておくのもいいかもしれませんね。

 

Amazonプライムの詳細は公式サイトからチェックしてください!

Amazon プライム の公式サイトはこちら

 

 

「第93回都市対抗野球大会」の見逃し配信を視聴する方法は?

「第93回都市対抗野球大会」が終了したらAmazonプライムビデオのJ-Sportsのコンテンツとして視聴できるようになります。

 

画像引用:Amazonプライム・ビデオより

 

  • プロ野球(広島・中日・横浜DeNAの主催試合)
  • 全日本大学野球選手権大会
  • ラグビー日本代表テストマッチ
  • ラグビー関東大学春季大会

 

などなど。

Amazonプライムビデオのスポーツのコンテンツは充実していて楽しいですよ。

J-SPORTSとはスポーツに特化した有料番組で、サイクルロードレース、モータースポーツをはじめ、プロ野球、メジャーリーグ、サッカー、卓球、バドミントン、バスケットボールなど視聴できるサービスなので、自転車競技以外にもさまざまなスポーツを視聴することができますよ。

 

 

\14日間無料トライアル /

 

 

「第93回都市対抗野球大会」の日程は?

「第93回都市対抗野球大会」の大会日程は以下の通りです。

  • 大会名:第93回都市対抗野球大会
  • 開催期間:2022年7月18日(月)~29日(金)
  • 球場:東京ドーム
  • 出場チーム:32校

 

「第93回都市対抗野球大会」の出場チームは?

「第93回都市対抗野球大会」の出場チームは以下の通りです。

【推薦】
・東京都 東京ガス 2年連続23回目

【北海道】
・札幌市 北海道ガス 2年連続2回目

【東北】
・にかほ市 TDK 3年連続17回目
・仙台市 JR東日本東北 2年連続28回目

【北信越】
・上市町 ロキテクノ富山 初

【北関東】
・日立市 日立製作所 4年連続40回目
・鹿嶋市 日本製鉄鹿島 2年ぶり21回目

【南関東】
・寄居町・小川町 Honda 6年連続36回目
・さいたま市 日本通運 8年連続47回目
・君津市 日本製鉄かずさマジック 2年連続14回目

【東京】
・東京都 鷺宮製作所 2年ぶり16回目
・東京都 NTT東日本 7年連続46回目
・東京都 JR東日本 13年連続25回目
・東京都 セガサミー 3年連続13回目

【西関東】
・川崎市 東芝 2年ぶり43回目
・横浜市 ENEOS 3年連続52回目

【東海】
・浜松市 ヤマハ 4年連続43回目
・名古屋市 JR東海 2年連続31回目
・鈴鹿市 Honda鈴鹿 2年ぶり26回目
・豊田市 トヨタ自動車 8年連続24回目
・大垣市 西濃運輸 2年連続39回目
・名古屋市 東邦ガス 6年連続16回目

【近畿】
・大阪市 NTT西日本 8年連続33回目
・神戸市・高砂市 三菱重工West 2年連続38回目
・八尾市 ミキハウス 2年連続3回目
・京都市 日本新薬 2年ぶり38回目
・大阪市 大阪ガス 5年連続28回目

【中国】
・福山市・倉敷市 JFE西日本 3年ぶり11回目
・広島市 JR西日本 4年ぶり5回目

【四国】
・高知市 四国銀行 3年連続21回目

【九州」
・大津町 Honda熊本 7年連続16回目
・宮崎市 宮崎梅田学園 3年ぶり2回目

 

 

\14日間無料トライアル /

 

 

まとめ

「都市対抗野球大会2022」の視聴方法についてご紹介させていただきました。

Amazon PrimeビデオのJ-SPORTSなら14日間の無料トライアルがあるのでオススメです。

是非この機会に「都市対抗野球大会2022」を楽しんでくださいね!

最後までご覧頂きありがとうございました、

スポンサーリンク

 

 

コメント