淀川花火大会2024の楽しみ方:日程と混雑を避けるための穴場スポット紹介
※当ページのリンクには広告が含まれています。

淀川花火大会2024の楽しみ方:日程と混雑を避けるための穴場スポット紹介

その他、気になるニュース
花火

 

2024年の夏も、淀川花火大会がやってきます。美しい花火が夜空を彩るこのイベントは、多くの人々に愛されています。しかし、混雑や場所取りの問題で思うように楽しめないことも。この記事では、淀川花火大会2024の日程や基本情報から、混雑を避けるための対策、さらには穴場スポットの紹介まで、存分に楽しむための秘訣をお伝えします。家族連れにおすすめの観覧エリアや、花火大会の見どころもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

淀川花火大会2024の日程と基本情報

開催日と時間

淀川花火大会は、大阪市内で毎年夏に開催される人気のイベントです。2024年の開催日程は以下の通りです。

  • 日程:2024年8月3日(土曜日)
  • 開催時間:19:30~20:30
  • 場所:大阪府大阪市淀川区新北野3丁目周辺(淀川河川敷)

場所とアクセス方法

花火大会のメイン会場は、淀川河川公園です。淀川の河川敷一帯が観覧エリアとなっており、広大なスペースが確保されています。アクセス方法としては、以下の公共交通機関が便利です。

  • JR:JR新大阪駅から徒歩約20分
  • 阪急電車:阪急梅田駅から徒歩約15分
  • 地下鉄:御堂筋線梅田駅から徒歩約20分

 

<注意事項>

イベント当日は大変混雑しますので、早めの到着をおすすめします。また、熱中症対策として水分補給や日焼け止めの用意も忘れずに。会場周辺は一部立ち入り禁止区域がありますので、案内表示に従って行動しましょう。

 

 

淀川花火大会2024の混雑状況と対策

淀川花火大会は、その美しさから毎年多くの人が訪れるため、混雑が避けられません。特に開催日当日の夕方から夜にかけては、会場周辺の交通機関や道路が非常に混み合います。ここでは、混雑状況とその対策について詳しく説明します。

混雑のピーク時間

最も混雑する時間帯は、以下の通りです。

  • 16:00~18:00:会場周辺に到着する人が増え始める時間
  • 18:00~19:30:観覧場所を確保するために人が集中する時間
  • 20:30~22:00:花火終了後の帰宅ラッシュ

混雑対策のポイント

  1. 早めの到着を心がける
    夕方前に到着することで、比較的ゆっくりと場所を選ぶことができます。特に人気の観覧スポットは早い段階で埋まってしまうため、早めの行動が重要です。
  2. 公共交通機関を利用する
    会場周辺の道路は大変混雑するため、公共交通機関の利用がおすすめです。また、帰宅時は駅の混雑を避けるため、少し時間をずらすか、徒歩で少し離れた駅を利用するのも良いでしょう。
  3. 観覧場所の事前リサーチ
    事前に観覧場所をリサーチし、混雑を避けるためのプランを立てておくとスムーズです。公式サイトやSNSでの最新情報も確認しておきましょう。
  4. 持ち物の準備
    混雑を避けるために、必要な持ち物を事前に準備しておきましょう。例えば、敷物や簡易チェア、飲み物、軽食など。必要なものを現地で購入するのは避け、持参することをおすすめします。

 

 

穴場スポットで楽しむ淀川花火大会2024

淀川花火大会の魅力を存分に楽しむためには、混雑を避けつつも良い場所で観覧することがポイントです。ここでは、比較的混雑が少なく、花火をゆっくり楽しめる穴場スポットをご紹介します。

穴場スポット1:長柄橋周辺

長柄橋周辺は、メイン会場から少し離れているため、比較的混雑が少ないエリアです。河川敷に広がるスペースがあり、ゆったりと花火を楽しむことができます。また、アクセスも便利で、地下鉄の駅から徒歩圏内です。

穴場スポット2:淀川河川公園西中島地区

西中島南方駅から徒歩圏内にある淀川河川公園西中島地区は、広いスペースがあり、観覧エリアとして人気があります。大きな芝生エリアがあり、家族連れにもおすすめのスポットです。事前に場所を確認しておけば、当日もスムーズに移動できます。

穴場スポット3:十三大橋付近

十三大橋付近も穴場としておすすめです。大橋の上からは絶好の眺めを楽しめますし、川沿いのエリアも比較的空いていることが多いです。十三駅から徒歩でアクセス可能なため、利便性も高いです。

穴場スポット4:河川敷南側

メイン会場がある北側に比べ、南側の河川敷は人が少ないため、ゆったりと花火を観賞できます。南方駅や西中島南方駅からアクセスでき、落ち着いた雰囲気の中で花火を楽しむことができます。

穴場スポット5:梅田スカイビルの空中庭園

梅田スカイビルの空中庭園は、花火を高い場所から一望できる贅沢なスポットです。特にカップルや友人同士での観覧に最適で、素晴らしい夜景とともに花火を楽しむことができます。ただし、事前にチケットを購入しておく必要があるので注意が必要です。

 

 

家族連れにおすすめの観覧エリア

家族連れで淀川花火大会を楽しむためには、安全でゆったりとした観覧エリアを選ぶことが重要です。ここでは、子供連れでも安心して楽しめるおすすめの観覧エリアをご紹介します。

新北野小学校のグラウンド

新北野小学校のグラウンドは、花火大会当日に解放される観覧エリアです。広々としたスペースがあり、子供が走り回っても安全です。また、校内にトイレも完備されているため、小さな子供連れにも安心して利用できます。

淀川河川公園長柄地区

淀川河川公園長柄地区は、家族連れに人気のエリアです。広い芝生が広がっており、ピクニック気分で花火を楽しむことができます。トイレや売店も近くにあり、子供連れでも快適に過ごせます。また、比較的混雑が少ないため、早めに到着すれば良い場所を確保できるでしょう。

十三大橋の下流側

十三大橋の下流側も家族連れにおすすめの観覧スポットです。橋の下を利用することで、日差しを避けながら花火を観賞できます。川沿いにはベンチやテーブルも設置されており、子供連れでもゆったりと過ごすことができます。

淀川左岸の淀川河川敷公園

淀川左岸の淀川河川敷公園は、広々としたスペースが魅力の観覧エリアです。家族でシートを広げて花火を楽しむことができ、周囲には遊具もあるため、子供たちも飽きずに楽しめます。また、駐車場も近くにあるため、車でのアクセスも便利です。

西中島南方エリア

西中島南方エリアは、アクセスが良く、家族連れにも人気の観覧スポットです。広い河川敷が広がっており、混雑を避けながら花火を楽しむことができます。また、近隣にはレストランやカフェも多く、花火前後の食事にも困りません。

扇町公園

扇町公園は、駅からのアクセスも良く、花火大会の日にもゆったりと過ごせる場所です。高層ビルに遮られることなく、花火が見えます。

 

 

淀川花火大会2024の見どころと楽しみ方

淀川花火大会は、毎年多くの観客を魅了する美しい花火が特徴です。2024年も様々な見どころが予定されています。ここでは、淀川花火大会2024の見どころと楽しみ方についてご紹介します。

花火のプログラム

淀川花火大会の魅力は、その華麗な花火のプログラムにあります。毎年異なるテーマに沿って構成される花火は、以下のような見どころが満載です。

  1. オープニングセレモニー 大会の幕開けを告げる豪華なオープニングセレモニー。色とりどりの花火が次々と打ち上げられ、観客を一気に引き込みます。
  2. テーマに基づいた花火ショー 2024年のテーマは「未来への希望」。このテーマに合わせた幻想的な花火が夜空を彩ります。音楽とシンクロした花火の演出も見どころの一つです。
  3. スターマイン 連続して打ち上げられるスターマインは圧巻の一言。次々と変わる花火の色や形に目を奪われること間違いありません。
  4. フィナーレ 最後を飾るフィナーレは、最大級の花火が一斉に打ち上げられます。圧倒的なスケールで観客を魅了し、感動のクライマックスを迎えます。

楽しみ方のポイント

  1. 事前の準備 花火大会を存分に楽しむためには、事前の準備が重要です。敷物や折りたたみ椅子、飲み物、軽食などを持参し、快適に過ごせるようにしましょう。
  2. 花火の撮影 美しい花火を写真や動画で記録したい方は、カメラの準備もお忘れなく。三脚を使うと、ブレずに綺麗な写真を撮影できます。
  3. 音楽と共に楽しむ 花火大会では、音楽に合わせて花火が打ち上げられることが多いです。公式アプリやラジオで音楽を楽しみながら花火を見ると、より一層楽しめます。
  4. 観覧場所の確保 良い観覧場所を確保するためには、早めに会場に到着することが大切です。人気のスポットはすぐに埋まってしまうので、早めの行動を心がけましょう。

 

<関連記事>

 

 

まとめ

淀川花火大会2024は、その美しい花火と盛りだくさんのプログラムで、今年も多くの観客を楽しませてくれるでしょう。日程やアクセス方法をしっかり確認し、混雑を避けるための対策を講じて、穴場スポットや家族連れにおすすめのエリアを利用して素晴らしい花火を楽しんでください。事前準備をしっかり行い、花火大会の夜を存分に楽しんでくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました