小牧基地オープンベース2024の開催日程や混雑状況は?駐車場やブルーインパルスについても
※当ページのリンクには広告が含まれています。

小牧基地オープンベース2024の開催日程や混雑状況は?駐車場やブルーインパルスについても

 

「迫力満点の飛行展示、間近で感じたいですよね!」
「でも、混雑は心配…どうしよう?」
「もっと近くで、その感動を味わいたい!」

そんなあなたに朗報です。

小牧基地オープンベース2024で迫力ある飛行展示を目の前で体感できるんです。

さらに、ブルーインパルスの飛行があるかもしれないので、わくわくしますよね。

そこで今回この記事では、小牧基地オープンベース2024の開催日程、混雑状況、そして駐車場情報まで詳しくご紹介。

安心してお出かけいただけるよう、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

小牧基地オープンベース2024の開催日程

まず最初に、「小牧基地オープンベース2024」の開催日程を確認していきましょう。

  • 開催日:2024年3月3日(日)
  • 開催時間:8時30分~15時00分
  • 会場:航空自衛隊小牧基地
  • 料金・入場料:無料

住所 〒485-0025 愛知県小牧市春日寺1丁目1
アクセス 名鉄小牧線「牛山駅」下車、徒歩5分

 

2024年の小牧基地オープンベースでの、ブルーインパルスの展示飛行につきましては、発表されていません。

昨年2023年は、ブルーインパルスの展示飛行が行われたので、今年も楽しみにしているファンも多いかと思います。

航空自衛隊の公式サイトで確認したんですが、2024年は3月16日の北陸新幹線開業記念イベントしか掲載されてなかったですよね。

なので、追ってご連絡させていただきます。

 

<関連記事>

北陸新幹線開業記念!ブルーインパルスはいつ・どこ見られるの?飛行ルートや時間を調査

 

 

小牧基地オープンベース2024の飛行展示スケジュール

小牧基地オープンベース2024の飛行展示及びイベントスケジュールは以下の通りです。

<展示飛行スケジュール>
09:00~11:30 戦術輸送機、空中給油機、救難機、戦闘機
13:00~14:30 防災・救難ヘリコプター

<参加型イベントスケジュール>
08:30~12:00 緊急退避体験整理券配布(先着順)
12:30~14:30 緊急退避体験
09:30~10:10 綱引き(以降12:30まで1時間おきに開催)
09:30~10:50 ファイブチャレンジ ☆1 自衛隊体操(以降10:10、13:30、14:15から開催)
08:30~12:00 ファイブチャレンジ ☆2~5

<ステージイベントスケジュール>
08:45~09:00 太鼓演奏(1回目)
11:35~11:50 太鼓演奏(2回目)
11:50~12:15 音楽演奏(1回目)
12:20~12:55 ファッションショー
14:40~15:00 音楽演奏(2回目)

引用: https://flyteam.jp/event/detail/9196

 

 

小牧基地オープンベース2024の混雑状況や渋滞回避方法は?

混雑状況

過去の小牧基地オープンベースの来場者数を確認してみましょう。

  • 2022年度:2023年3月5日(日) 曇り、40,000人(ブルーインパルス 展示飛行あり)
  • 2021年度:新型コロナウイルスの影響で中止
  • 2020年度:新型コロナウイルスの影響で中止
  • 2019年度:2019年11月9日(土) 晴れ、61,000人(ブルーインパルス 展示飛行あり)
  • 2018年度:2019年3月2日(土) 64,000人(ブルーインパルス 展示飛行なし)

 

過去の傾向から4万~6万人の来場者が予想される大人気の航空際です。

開催当日は朝から最寄り駅や早朝からかなりの混雑が予想されますので、早め早めの行動を心がけるようにしましょう。

 

混雑中は普段よりスマホを使う機会が増えるかもしれませんね。

そんな時、モバイルバッテリーを持参しておけば、スマホの充電が切れそうになっても安心ですね。

 

 

渋滞回避方法

混雑をさけるためには、早朝から動き出し、小牧基地に早く到着することが大切です。

また、近くのホテルに泊まるのもおすすめですよ。

航空祭では、朝早くから出発する人が多いので、ホテルに宿泊すれば、朝の時間をゆったり過ごせますし、体力的にもラクになりますよ。

 

\ 楽天トラベル /

楽天トラベルはこちら

 

\ じゃらん /

じゃらんはこちら

 

 

小牧基地航空祭2024の臨時駐車場は?

荷物が多い方やお子様連れの場合、電車での移動は少し大変かもしれませんね。

近くまで車で行きたいと思うのは自然です。

例年、三菱重工名古屋誘導推進システム製作所に臨時駐車場が設けられていましたが、今のところ公式からのアナウンスはありません。

約2,000台の車が停められる駐車所のようですが、公式からの発表を待ちましょう。

また、小牧駅周辺にはコインパーキングもありますので、そちらを利用するのも一つの方法です。

でも、当日コインパーキングが満車になる可能性もありますよね。

そんな時は、予約できる駐車場を利用するのが良いでしょう。

事前予約が必要ですが、駐車スペースを確保できるので、安心して現地へ向かるのでおすすめですよ。

>>akippaはこちら

 


画像引用:akippa

 

小牧基地の周辺には、徒歩圏内で予約可能な駐車場がいくつかあります。

タイミングを見計らって、これらの駐車場を事前に予約しておいて下さい。

予約済みなら、当日は安心して出かけられますね。

ただし、渋滞の可能性もあるので、少し早めに出発するようにしましょう。

>>akippaはこちら

 

 

小牧基地オープンベースを楽しむための必携アイテム

鮮明な視界で楽しむためのアイテム

ブルーインパルスの迫力ある飛行を目の前で体験するなら、双眼鏡スマホ用の望遠レンズが欠かせません。

遠くの空でも飛行機の細部までクリアに捉えることができます。

 

 

快適な観覧のための日差し対策

空を見上げる時間が長くなると、日差しの影響を受けやすくなります。

サングラス帽子日焼け止めを準備して、目や肌を守りましょう。

快適に展示飛行を楽しむことができ、紫外線からもしっかりと保護されます。

 

 

座って楽しむためのアイテム

会場によっては座る場所が限られていることも。

折りたたみ椅子レジャーシートを持参すれば、どこでも快適な観覧スポットを確保できます。

ただし、持ち込みが許可されているかどうかは事前にチェックが必要です。

準備万端で臨めば、長時間の観覧も苦になりません。

 

 

長時間の観覧に備えて

ブルーインパルスの展示飛行は約1時間続くこともあります。

その間、写真撮影やSNSへのアップロードでスマホを頻繁に使用するとバッテリーが心配です。

モバイルバッテリーを持参しておけば、そんな心配も解消され、最後まで飛行展示を存分に楽しめます。

 

 

これらのアイテムを準備しておけば、小牧基地オープンベースの飛行をより一層楽しむことができるでしょう。

忘れずに準備して、空のアートを心ゆくまでお楽しみください。

 

 

 

まとめ

2024年3月3日に開催される「小牧基地オープンベース2024」についてまとめてみました。

このイベントは、迫力ある飛行展示を間近で体感できる、毎年4万~6万人が訪れる人気の航空祭です。

混雑を避けるためには、早朝からの行動や近くのホテルへの宿泊がおすすめです。

また、臨時駐車場の詳細はまだ公式から発表されていませんが、小牧駅周辺のコインパーキングや予約可能な駐車場の利用も一つの方法ですよ。

素敵な航空祭の思い出を作るためにも、ぜひこれらの情報を活用してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました