ウォルシュジュリアンはハーフで両親や兄弟は?身長や出身高校などwikiプロフィールや記録のまとめ

「フィジカルモンスター」といわれるほど驚異的な身体能力のウォルシュジュリアンさん。

2016年、陸上競技歴4年足らずでリオデジャネイロオリンピックに出場し、2021年は東京オリンピックへの出場も決定しています。

ウォルシュジュリアンさんは、ジャマイカと日本のハーフです。

日本人離れした筋肉も魅力で、かっこいいですよね。

今回は、そんなウォルシュジュリアンさんについて、こんなことを調べました!

  • ウォルシュジュリアン(陸上)の身長体重などwikiプロフィールは?
  • ウォルシュジュリアン(陸上)の出身高校は?
  • ウォルシュジュリアン(陸上)の両親(父母) や兄弟は?
  • ウォルシュジュリアン(陸上)のスパイクは?

 

あなたもぜひ、陸上競技や、ウォルシュジュリアンさんに注目してくださいね♪

 

スポンサーリンク

ウォルシュジュリアン(陸上)の身長体重などwikiプロフィールは?

 

  • 名前:ウォルシュ・ジュリアン・ジャミイ(Julian Jrummi Walsh)
  • 生年月日:1996年9月18日
  • 年齢:24歳(2021年7月現在)
  • 身長:175cm
  • 体重:77kg
  • 血液型:B型
  • 出生地:ジャマイカ
  • 出身地:東京都東村山市
  • 所属:富士通
  • 趣味:筋トレ
  • 好きな食べ物:お母さんが作るトムヤムクン
  • 嫌いな食べ物:ウニ
  • 得意料理:オムレツ
  • 悩み:手汗

 

ジャマイカ人の父と、日本人の母を持つウォルシュジュリアンさん。

小学生のころ、お父さんと同じジャマイカ出身のウサイン・ボルト選手に憧れて陸上に興味を持ちました。

本格的に競技を始めたのは、高校2年生のとき。400mを始めたのは、先生に勧められたことがきっかけです。

陸上を始めたころは100mを走っていましたが、なかなかタイムが出ませんでした。

嫌々始めた400mでしたが、走れば走るほどタイムが出て、そのまま400mに転向。

そこからは、驚異的なスピードで成長していきます。

 

ウォルシュジュリアンさんのトレーニング

仕上がった筋肉と、驚くべき身体能力のウォルシュジュリアンさん。

普段のトレーニングも、常人には真似出来なさそうです。

 

足を引きつける動作を意識して、バク宙を5回することで、腹筋が鍛えられるという動画です。

 

飛んでいるときの姿勢も終始キレイなままで、ジャンプ力や柔軟性も、驚異的です。

ウォルシュジュリアンさんは、目に見える筋肉はもちろん、インナーマッスルもかなり鍛えられており、走るときにフォームが崩れません。

でもこのトレーニング…やってみよう!となりませんよね(笑)

 

ウォルシュジュリアンさんといえば、この実写版勇次郎を目にしたことはありませんか?

 

勇次郎というのは、漫画「グラップラー刃牙」の登場人物、「範馬勇次郎」です。

圧倒的な強さで、水より酸素よりも闘いを優先するというキャラクターなのですが、写真のウォルシュジュリアンさんも、勇次郎とおなじく狂気的な匂いがしますよね…(笑)

 

ウォルシュジュリアンさんは、筋トレが趣味で、休みの日にも筋トレをしています。

トレーニングのあとに痛みが出ないと、成長した感じがしないため、筋肉痛も好きだそうです。ストイックですよね…。

ウォルシュジュリアンさんのように、キレイな筋肉がある男性には、どうしても惹かれてしまいます♪

https://twitter.com/jrumm1/status/1297871674755313664?s=21

 

それにしてもホントに、漫画みたいな筋肉ですね。めちゃくちゃかっこいいです!

 

ウォルシュジュリアンさんは彼女がいる?

明るくて、ひょうきん者のウォルシュジュリアンさん。

スタイルも良くかっこいいので、女性からの人気も高そうです。彼女がいてもおかしくないですよね!

しかし、ウォルシュジュリアンさんに彼女がいるという情報は、ありませんでした。

TwitterやInstagramには、彼女どころか、女性と写っている写真も見つかりません。

もしかすると、日本ではなくジャマイカに彼女がいるという可能性もありますが、ウォルシュジュリアンさんの性格だと、オープンにしてくれそうな気もします。

ウォルシュジュリアンさんと一緒にいられたら、毎日笑わせてくれそうですし、楽しい日々を過ごせそうですね!

一緒にトレーニングができるような女性なら、なお良いかもしれません♪

 

ウォルシュジュリアンさんは猫が好き

ウォルシュジュリアンさんは猫を飼っていて、溺愛しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jahziah ジャザイア(@iamjahziah)がシェアした投稿

 

大学のころも、寮のそばにいた猫を可愛がっていました。

ウォルシュジュリアンさんが飼っている猫は、アビシニアンのオスで、名前は「ジャザイア(Jahziah)」くん。

ジャマイカで「JAH」は神という意味です。

また、お父さんがミュージシャンのため、音楽に関連する名前にしたかったウォルシュジュリアンさん。

 

「JAH」と「JAZZ」を、掛け合わせ、この名前に決めました。

 

どことなく、ウォルシュジュリアンさんに似ている気がします♪

ジャジャも、ウォルシュジュリアンさんに心を許しているのが伝わってきて、ほっこりしますよね。

 

ウォルシュジュリアン(陸上)の出身高校は?

ウォルシュジュリアンさんの出身校は、こちらです!

  • 東村山市立野火止(のびどめ)小学校
  • 東村山市立東村山第三中学校
  • 東野高等学校
  • 東洋大学

 

野火止小学校時代、ウサイン・ボルト選手に憧れて、陸上競技に興味をもちました。

小学校卒業後は、東村山第三中学校に入学。

陸上部に入ろうとしたのですが、入学式の日に部員不足で廃部となってしまい、断念。

仕方なくバスケットボール部に入りましたが、陸上をしたいという思いは消えませんでした。

中学校卒業後は、陸上部がある高校を選んで、東野高校に入ります。

しかし、当時東野高校には、陸上経験者の先生がおらず、なかなか身が入りませんでした。

高校2年生のとき、国体出場経験のある先生が赴任してきたことで、ようやく真剣に取り組むようになります。

はじめは100mを走っていましたが、思うようなタイムが出ず、伸び悩んでいたウォルシュジュリアンさん。

そんなとき、先生に400mを勧められ、400mに転向しました。

 

400mは、約45秒もの間を全力で走らなければいけません。

人間の無酸素運動は、40秒が限界。

動かなくなる筋肉を、極限まで動かし続ける必要があり、走り終わったら倒れ込んでしまいます。

そのうえ、400mを何秒で走れば速いのか知らない人も多く、注目されにくい400m。

ウォルシュジュリアンさんは、「400mはいつでも辞めたい」と話しています(笑)

今は400mでしか自分の力を出せませんが、いつかは100mで勝負したいと思っているようです♪

 

高校卒業後は、東洋大学に進学します。

高校時代の練習環境と似ている点と、同じ短距離部門の桐生祥秀さんの存在が大きく、東洋大学を選びました。

桐生祥秀さんとはとても仲が良く、良い練習パートナーだと話しています。

【ウォルシュ・ジュリアン×桐生祥秀】夢の対決企画決定!?

 

お互いにリスペクトしていて、とても仲良しな2人。直接対決企画も、楽しみですね!

身体能力の高さは昔からなのですが、ウォルシュジュリアンさんの場合、最初に飛ばしすぎて後半にバテてしまうことがよくありました。

アメリカのテキサス州にあるベイラー大学で合宿をして、外国人のコーチ初めて教わったことで、ますます力が出せるようになったとのこと。

テキサス合宿では、微妙なペースの上げ下げをできるようになる練習を行いました。

集中してスピードを上げていったり、体力を調節したりするためです。

最初はついていけなかった練習にも、徐々についていけるようになりました。

 

驚異的なスピードで成長し、2016年に日本陸上競技選手権400mで優勝。

競技歴4年足らずで、リオデジャネイロオリンピック日本代表に選出されます。

 

しかし、オリンピック会場の雰囲気に飲まれてしまい、緊張で思うように身体が動かず、予選敗退という結果に。

トップクラスの選手が揃っているオリンピックは、やはり普段の大会とは違っていました。

しかし、この経験をポジティブにとらえ、「メンタル面でも技術面でも、自分に足りないところを学び、次に活かしたい」と話しています。

 

リオオリンピックのあとも、まずは自己ベスト更新を目指し、練習に励んできました。

  • 2018年 日本陸上競技選手権400m 優勝
  • 2018年 アジア大会400m 5位/4×400mリレー 3位(1走)
  • 2019年 日本陸上競技選手権400m 優勝
  • 2021年 東京オリンピック日本代表内定

 

2021年は、怪我もありましたが、順調に回復しています。

ウォルシュジュリアンさんの自己ベストは、45.13秒。これは、日本歴代7位のタイムです。

もちろんウォルシュジュリアンさんは、44秒台を目指しています。彼なら、やってくれそうですよね。

東京オリンピックでは、リレーでの活躍も期待されています。

普段どおりに、400mを走りきってほしいですね!

 

ウォルシュジュリアン(陸上)の両親(父母) や兄弟は?

ウォルシュジュリアンさんは、お父さんがジャマイカ人、お母さんが日本人のハーフです。

父・エマニュエル ウォルシュ(Emanuel Walsh)さんは、レゲエ歌手兼ドラマーで、2021年現在はジャマイカで暮らしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emanuell Walsh(@emanuel_walsh)がシェアした投稿

 

リオオリンピックのときも応援に駆けつけてくれていました♪

 

母・こずえさんは、日本で美容師をしています。

どんなときでも、ウォルシュジュリアンさんの意思を尊重して受け入れてくれ、「僕にとって1番の応援団」と話しています♪

ウォルシュジュリアンさんは、お母さんが作ってくれる「トムヤムクン」が大好物。料理上手なお母さんであることもうかがえます。

 

また、ウォルシュジュリアンさんにはお兄さんとお姉さんがいます。

東大陸上部に弟がいるという情報もあったのですが、真偽はわかりませんでした。

 

お兄さんについての情報はあまり公表されていませんが、ウォルシュジュリアンさんと同じく、身体能力が高いようです。

ウォルシュジュリアンさんがバク宙をし始めたのも、お兄さんがしているのを真似して練習したのがきっかけです。

バク宙は、布団の上で5回ほど練習したらできたとのこと。兄弟揃ってフィジカルおばけなのですね…。

 

4歳上の姉・ティファニーキャデラック(Tiffany Cadillac)さんは、シンガーやモデル、DJなどの活動をしながら、日本とジャマイカを行き来しています。

 

お姉さんは、美容師であるお母さんの影響で、美容に関心を持ち始めました。スタイルも良く、めちゃくちゃ美人ですよね!

ティファニーキャデラック

 

お父さんとなぜ離れて暮らしているのか?と疑問に思い、調べてみたところ、そもそも、ジャマイカでは、「結婚」という概念があまり浸透していないようです。

しかし、お姉さんはジャマイカと日本を行き来して活動していますし、ウォルシュジュリアンさんも、ときどきジャマイカに帰ってお父さんに会っています!

住んでいる場所が離れていても、とても仲の良い家族で、強い絆を感じられました♪

 

ウォルシュジュリアン(陸上)のスパイクは?

ウォルシュジュリアンさんのスパイクは、ASICSの「METASPRINT」です。

 

アシックスの独自技術によりスパイクピンをなくし、接地の際にピンが刺さってから抜けるまでの時間を短縮。

また、ピンが抜ける際のエネルギーロスを軽減し、効率的な力の伝達が可能な構造を実現。

(引用:ASICS公式ホームページ)

 

ウォルシュジュリアンさんの他にも、桐生祥秀さんや末續慎吾さんも、このスパイクを使っています。

スパイクピンを無くし、タイムロスを減らすように設計された「METASPPRINT」。

ウォルシュジュリアンさんと同じく、短距離走に取り組んでいるあなたは、ぜひ試してみてください!

ASICS METASPRINT TOKYO

 

まとめ

【陸上400m走 ウォルシュジュリアンさん】

  • 身長175cm、体重77kgで驚異的な身体能力
  • 2021年7月現在24歳で、陸上を始めたのは高校2年生のころ
  • 競技歴4年足らずでリオオリンピック出場
  • 出身校は、野火止小→東村山第三中→東野高→東洋大
  • ジャマイカ人の父と、日本人の母とのハーフ
  • 父はレゲエ歌手兼ドラマーで、母は美容師
  • 兄もバク宙ができる身体能力の高さ
  • 姉はシンガーやモデルなどをしており容姿端麗
  • 弟が東大陸上部にいるとの情報があるが真偽不明
  • スパイクはASICS「METASPRINT」
  • Twitter:@jrumm1
  • Instagram:@jrumm1
  • youtube:Julian walsh
  • Facebook:Julian Walsh

 

美しい筋肉と、驚異的な身体能力で、陸上競技以外でもファンを魅了している、ウォルシュジュリアンさん。

今後も、さまざまなメディアで取り上げられるような気がします。

個人的には、Youtubeの更新がとても楽しみです♪

あなたもぜひ、ウォルシュジュリアンさんを応援してくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

コメント