富樫勇樹wikiプロフや出身中学や高校は?年収・年俸推移や嫁の画像を調査

 

東京オリンピックが近づいてきました。

日本バスケットボール男子日本代表としての活躍が期待される富樫勇樹選手をご紹介したいと思います。

バスケットボール日本代表のポイントガードとして東京オリンピックでの活躍が期待され、現役Bリーガーで知名度No.1と言っても過言ではないですよね。

そこで今回は富樫選手の

  • wiki風プロフィール
  • 出身中学・高校やプロのキャリア
  • 結婚や年俸

についてまとめてみました。

早速、プロフィールを確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

富樫勇樹のwikiプロフィールは?

この投稿をInstagramで見る

@yukitogashiがシェアした投稿

富樫選手のwiki的プロフィールはこちら

  • 名前:富樫勇樹(トガシ ユウキ)
  • 生年月日:1993年7月30日生まれ
  • 年齢:27歳(2021年3月時点)
  • 出身地:新潟県新発田市出身
  • 小学:東豊小
  • 中学:本丸中
  • 高校:モントローズ・クリスチャン校
  • 足のサイズ:27cm

身長167cm、体重65kgとでバスケット選手としては非常に小柄な選手です。バスケットボールとの出会いは小学校1年生の時でした。

富樫勇樹の出身中学と高校やプロとしてのキャリアは?

出身中学

時代は新発田市立本丸中学校の監督としてチームを率いていた父親の元で3年生時いは全国大会優勝を果たします。

2年時と3年時にはそれぞれ15歳以下、16歳以下の日本代表に選抜され才能の片鱗を見せ始めます。

出身高校

中学卒業時に、当時の浜松・東三河フェニックス(現、Bリーグ三遠ネオフェニックス)のヘッドコーチであった中村和雄が富樫選手の父親と交流があり、中村HCの進めでアメリカ留学の決意を固めます。

富樫選手は高校はアメリカのモントローズ・クリスチャン校へ進学しました。

モントローズ・クリスチャン校はNBAで活躍したケビン・デュラントやクリス・バスケスなど名だたる選手を輩出した名門校です。

富樫選手は1年生の時からベンチメンバーとしてロスター入りし、主にシックスマン(ベンチメンバーの中で1番活躍できる選手)として活躍!

そして2010年の同校全米ランキングでは2位ランクインしました。

そして大学進学時、アメリカの様々な大学から声をかけられたものの富樫選手が希望する条件であった学費の全額免除を行なってくれる大学がなかったため、日本へ戻ることを決めます。

 

プロとしてのキャリア

日本へ帰国後、当時のBJリーグ(現、Bリーグ)の秋田ノーザンハピネッツでプレーしました。

まれ故郷の新潟でなく秋田を選んだ理由としてはアメリカ行きを進めた中村和雄が秋田のヘッドコーチをしていたことが大きかったのです。

1年目に新人王を獲得しました。2年目にはオールスターMVPを受賞。更にチームを初のファイナルまで導きます。シーズン終了後にNBA挑戦を決め、チームを離れます。

 

NBA挑戦を表明した富樫選手はNBAへの登竜門となる、サマーリーグ参戦を目指しアメリカに渡りました。

NBAのダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加にし、日本人として田臥勇太、川村卓也、竹内公輔に次ぐ日本人4人目としてサマーリーグのロスター入りを果たします。

 

その後、マーベリックスと選手契約を結ぶことになります。

しかし、チーム事情によりすぐに解雇され、ドラフト会議に!

そしてサンタクルーズ・ウォリアーズに指名され、マーベリックス傘下のレジェンズにトレードされます。

2015-16シーズンにはイタリアセリエAのディナモ・サッサリにプレシーズン契約で参加。

 

しかし選手契約は勝ち取れず、当時NBL(現Bリーグ)の千葉ジェッツ(現、千葉ジェッツふなばし)と契約しました。

2016−17シーズンにはチームを天皇杯初優勝に導き、天皇杯ベスト5にも選ばれています。

シーズンではベスト5の活躍!

翌シーズンは1試合11本の3ポイントを決め、日本記録を樹立し、得点力のあるポイントガードとして日本を代表する存在となりました。

 

富樫勇樹のプレースタイルは?

この投稿をInstagramで見る

@yukitogashiがシェアした投稿

日本を代表する存在となった富樫選手のプレースタイルを紹介させていただきます。

特徴としては以下の3点が挙げられます。

  • ボールハンドリング
  • ドライブ
  • 3ポイントシュート

富樫選手は身長167㎝と体格的にはかなり不利ですが、それを補うボールハンドリングとドライブのスピードを持っています。

ドライブからの得意のフローターシュートが武器なんですよ!

 

更に、アウトサイドからの3ポイントシュートを得意としていて、日本代表として東京オリンピックでも活躍も期待されている選手!

バスケット日本代表のラマスヘッドコーチは富樫選手のゲームメイク、得点力には大きな期待をしていますが、世界と戦う上で富樫選手の体の大きさを気にしています。

そのためポイントガードのポジションには本職ではない田中大貴選手が起用されたりと苦戦続き…

でも、富樫選手の長所を全面に出して、ポジションを掴み取り、オリンピックで活躍してくれるでしょう。

 

2021年2月に東京オリンピックの組み合わせ抽選が行われ日本はスペイン、アルゼンチン、OQT.K(世界最終予選リトアニア会場の勝者)と同組のグループCとなりました。

強敵揃いのグループとなりましたが、富樫選手の活躍で男子44年ぶりの参加となるオリンピックで快進撃を期待しています。

富樫勇樹の年収や年俸推移は?

Bリーグは各個人の年俸は公表はしていません。

しかし、Bリーグでは各リーグの最低年俸が決まっています。B1が300万円、B2は240万円、B3は決まっていません。

現在、人気急上昇中のBリーグですが、プロ野球やプロサッカーのように高額な年俸をもらっている選手は限られてくるのかもしれませんね。

富樫選手の場合はスター選手としてメディアへの露出も多いため他のBリーガーよりは年俸は高いと想像はできるます。

しかし、実は富樫選手は年俸が公表されていて、おそらくBリーグでは富樫選手だけではないかと思います。

2019年6月、千葉ジェッツよりBリーグで日本人初となる1億円プレーヤーとして契約をしたと発表がありました。

 

 

 

1億円プレイヤーの誕生は、Bリーグの念願でした。

サッカーやプロ野球では億をもらうプレーヤーが当たり前のような存在となっている中で目標を達成しました。

Bリーグは2020-21シーズン達成目標として、“入場者数300万人”、“バスケ市場規模300億円”を示していて、世界に通用する選手やチームの輩出を担う上で、“1億円プレイヤーの出現”を掲げていました。

富樫選手の1億円プレイヤー達成については、想定より2シーズン早く実現することができたんです。

 

では、”最初の日本人1億円プレーヤー”が富樫選手だったのでしょうか。

当時の千葉ジェッツの社長である島田慎二さん(現、Bリーグチェアマン)によると、富樫選手が1億円プレイヤーになった要因として、3つのポイントを示されました。

1.ビジネス面:18-19シーズンは17億円を突破したことを明かし、チケットやグッズ面で突出して貢献度が高かったこと

2.競技面:東地区2連覇をシーズン最高勝率で勝ち上がり、天皇杯3連覇を達成。さらに、日本代表のスタメンポイントガードとして、ワールドカップ本戦出場、東京五輪開催国枠出場に貢献

3.メディア面:富樫が活躍することで、メディアに大きく取り上げられ、千葉のスポンサー価値が高くなった。観客も増加し、チームの露出に貢献

名実ともに日本のトップにたったという証拠ですね。

Bリーグは世界でNBAい次ぐ2番目のプロバスケットリーグになること、日本国内で野球とサッカーに次ぐスポーツになることを目指しています。

その上で富樫選手の1億円到達という出来事は日本バスケット界の大きな一歩となりました。

今後もプロバスケットボールプレーヤーを目指す選手たちの夢や目標となる存在として今後の活躍が楽しみです。

 

富樫勇樹の嫁(奥さん)の画像は?

では、富樫選手のプライベートにも迫りたいのですが、富樫選手が結婚しているかは正式には公表がされていません。

しかし、以前のインタビューの際に飼い犬のエピソードを話された際に「嫁の実家の犬」と言ったようですので結婚はしているようです。

ネット上の噂では「高田 歩さん」ではないかという憶測が広がっています。

SNSやネットで検索してみましたが、情報が全くなく確かな情報がない状態で画像をみつけることができませんでした。

 

おそらく相手は一般人女性だと思うので、あまり詮索しすぎるものよくありません。

もしかしたら奥様の話に加えて、お子様なんて話もでるかもしれませんね。

今後の富樫選手の発言等に注目しましょう。

まとめ

富樫選手のプロフィール、経歴、プレースタイル、結婚、年俸についてまとめてみました。

体の小ささをプレーで補い、日本を代表する存在になるために挑戦を続けてきた経歴などを見ていると富樫選手を応援したくなりますよね。

オリンピックでの活躍が楽しみです。